Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、ICチップのセキュリティを紹介するセミナー

情報処理推進機構(IPA)は、ICチップに関するセキュリティを紹介する「ハードウェアセキュリティセミナー」を6月8日に都内で開催する。

同セミナーは、ICチップの構造や弱点のほか、ICチップを対象とした攻撃や脅威、攻撃を受けた場合の影響、攻撃に対する対策などを紹介するセミナー。

ICチップに載せる組込ソフトの開発者や、セキュリティ技術を導入したいハードウェアの開発者、ハードウェアセキュリティの説明が必要となる技術営業担当者などを対象としている。受講にあたって前提知識は不要。

参加費用は1000円で、定員は30名。先着順で受け付ける。セミナーの詳細や申し込み方法などは、同セミナーの紹介ページから。

(Security NEXT - 2015/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
主要OSなどに権限昇格の脆弱性 - 各社アップデートで対応
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
Oracleが定例アップデート、脆弱性254件を修正 - 143件はRCE脆弱性