Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、ICチップのセキュリティを紹介するセミナー

情報処理推進機構(IPA)は、ICチップに関するセキュリティを紹介する「ハードウェアセキュリティセミナー」を6月8日に都内で開催する。

同セミナーは、ICチップの構造や弱点のほか、ICチップを対象とした攻撃や脅威、攻撃を受けた場合の影響、攻撃に対する対策などを紹介するセミナー。

ICチップに載せる組込ソフトの開発者や、セキュリティ技術を導入したいハードウェアの開発者、ハードウェアセキュリティの説明が必要となる技術営業担当者などを対象としている。受講にあたって前提知識は不要。

参加費用は1000円で、定員は30名。先着順で受け付ける。セミナーの詳細や申し込み方法などは、同セミナーの紹介ページから。

(Security NEXT - 2015/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
「DDR4メモリ」に脆弱性、研究チームが論文 - 攻撃対策を回避
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
ドローンを妨害電波で不時着させるソリューション - カスペ
若年層支援プログラム「すごうで2020」が応募開始
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI