Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、ICチップのセキュリティを紹介するセミナー

情報処理推進機構(IPA)は、ICチップに関するセキュリティを紹介する「ハードウェアセキュリティセミナー」を6月8日に都内で開催する。

同セミナーは、ICチップの構造や弱点のほか、ICチップを対象とした攻撃や脅威、攻撃を受けた場合の影響、攻撃に対する対策などを紹介するセミナー。

ICチップに載せる組込ソフトの開発者や、セキュリティ技術を導入したいハードウェアの開発者、ハードウェアセキュリティの説明が必要となる技術営業担当者などを対象としている。受講にあたって前提知識は不要。

参加費用は1000円で、定員は30名。先着順で受け付ける。セミナーの詳細や申し込み方法などは、同セミナーの紹介ページから。

(Security NEXT - 2015/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
主要OSなどに権限昇格の脆弱性 - 各社アップデートで対応
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
Oracleが定例アップデート、脆弱性254件を修正 - 143件はRCE脆弱性
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
NICOSカードのシステム障害 - HDD3台が同時に故障
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
主要メーカー「CPU」に脆弱性、データ漏洩のおそれ - クラウド含む幅広い環境へ影響
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償