Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年1Qの標的型メール攻撃、大半が実行ファイル添付 - リンク誘導は皆無に

メールによる標的型攻撃の傾向が大きく変化している。前四半期では添付ファイルの半数超がショートカットファイルだったが、2015年第1四半期は、9割弱で実行ファイルが用いられた。国内のフリーメールを悪用しており、発信元が「.jp」ドメインでも安心できない状況だという。

20150424_jc_001.jpg
添付ファイルの内容(グラフ:IPA)

情報処理推進機構(IPA)が、サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)における2015年第1四半期の活動レポートを取りまとめたもの。J-CSIPは、IPAがハブとなって秘密保持契約のもと攻撃情報を共有し、標的型攻撃の被害防止を推進している団体。製造業や重要インフラ事業者など59の組織が参加している。

同四半期における参加組織からの報告は109件。前四半期の158件から49件の減少となった。2014年第3四半期は100件、第2四半期は259件と四半期ごとに増減を繰り返している。

109件のうち標的型攻撃メールは79件。前四半期の121件から42件減。くしくも2014年第3四半期の79件と同数だった。確認された標的型攻撃メールの91%が国内フリーメール経由で送られており、送信元が「.jp」ドメインであっても、それをもとに安全性を判断はできないと指摘している。

(Security NEXT - 2015/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供