Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、中堅企業向けに導入支援パッケージ

ファイア・アイは、中堅企業向けに標的型攻撃対策製品の価格を見直し、パッケージとして提供を開始した。

同社では、中堅企業を侵入経路に知的財産の窃取を狙うケースが日本国内では多く、さらにマイナンバー制度の運用開始によって標的型攻撃が増加する懸念があるとし、中堅企業向けにサンドボックスを活用する同社製品の拡販を目指す。

今回提供を開始する「中堅企業導入支援パッケージ」では、中堅企業向けに価格を設定。具体的には、アプライアンス「NX900」「NX1400」「NX2400」とメール脅威対策プラットフォーム「ETP Cloud」の価格を見直した。販売代理店と協力しながら、啓蒙活動なども展開していくという。

(Security NEXT - 2015/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL