Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイトが前月比4割増 - 新年度に便乗する詐欺も

新生活をスタートさせる新入社員を標的とした詐欺サイトが、多数検知されている。広告から偽サイトに誘導する手口も巧妙化しているという。

BBソフトサービスが、3月に検知した不正サイトの状況を取りまとめたもの。同社では、3月に107万9311件の不正サイトを検知しており、前月の77万3021件から39.6%の増加となった。

内訳を見ると、「ワンクリック、不正請求詐欺サイト」が前月比3.2ポイント減となったものの、全体の83.2%と依然多数を占める。「フィッシング詐欺サイト」は14.1%で、前月から2.5ポイントの上昇。「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」は1.7%で、前月を0.5ポイント上回った。

このほか、「マルウェア感染サイト(0.08%)」「脆弱性悪用サイト(0.76%)」のいずれも、微増にとどまっている。

同社では、新生活に必要な衣類や貴金属などのブランド品販売を装う手口を確認しており、新年度を前に新入社員などを標的とした詐欺であると分析。また、繰り返し表示するリターゲティング広告を用いて詐欺サイトへ誘導する手口を確認している。

(Security NEXT - 2015/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず