Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内初の不正送金ボットネット掃討作戦 - 国内4万台の利用者に駆除要請

オンラインバンキングにおいて不正送金を行うマルウェア「VAWTRAK」の撲滅に向け、警視庁が国内独自の掃討作戦を展開している。国内における感染端末4万4000台を特定しており、端末利用者へ駆除を働きかけるという。

20150410_np_001.jpg
マルウェアの感染分布(画像:警視庁)

オンラインバンキングにおける不正送金被害が増加しており、手口も巧妙化している現状を受け、セキュリティベンダーと協力し、「ネットバンキングウイルス無力化作戦」を展開するもの。日本で独自に大規模なボットネットのテイクダウン作戦に取り組むのは今回がはじめてだという。

同庁では、日本を標的とした「VAWTRAK」の感染端末に関する情報を入手。世界で約8万2000台、そのうち国内の感染端末4万4000台を特定した。これを受けて、総務省および日本データ通信協会テレコム・アイザック推進会議と連携。インターネットプロバイダ経由で感染端末の利用者に通知し、マルウェアの駆除を求めていく。

従来、不正送金を行うマルウェアとして「Zeus」が注目を集めてきたが、「VAWTRAK」の国内金融機関を狙う亜種が登場。2014年中盤より国内で勢力を拡大しつつあるとして、セキュリティベンダーも注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2015/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
2017年3Qのネットバンク不正送金、法人で被害額が増加
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告