Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1万件超の個人情報含むHDDを紛失 - 北海道

北海道において、個人情報1万259件を保存した外付けハードディスクが所在不明となっている。

紛失したのは、障がい者保健福祉課のパソコンで利用していた外付けハードディスク1台。捜索や関係者への聴き取り調査を行ったが発見できず、3月30日に盗難届を提出した。

問題のハードディスクには、道が主催する研修の受講者9323人の氏名や生年月日、所属、職名など含む名簿のほか、障害者510人分の施設入所者意向調査、113人分の個別相談案件、各種協議会の委員名簿など個人情報が保存されていた。件数はあわせて1万259件としている。

道では、対象となる関係者に謝罪。今後は、外部記録媒体にパスワードを設定し、施錠管理を徹底するなど再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

秘書検定の答案が所在不明、再試験を実施 - 実務技能検定協会
従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院
元応援団部員の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 立命館大
府立高校で生徒情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
国保給付申請書1.3万件を紛失 - 神戸市
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀
高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県
高校生徒の個人情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会