Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年間30万台以上のルータが被害 - 不正DNSへの誘導を確認できる無償ツール

インターネットにおいて、ドメインから接続先のIPアドレスを調べるために利用される「DNS」。エフセキュアの調査によれば、2014年に同社が把握しただけで、少なくとも30万台以上のルータが設定を不正に変更されていたという。

攻撃が巧妙化しており、接続の設定そのものを変更し、「不正DNSサーバ」によりフィッシングサイトやマルウェア配布サイト、個人情報を抜き取るサイトなど、不正な経路へ誘導するケースが発生している。

不正なDNSを参照している場合、正規のドメインを入力しても不正サイトへ誘導されてしまうおそれがある。同社は、インターネット接続において、DNSサーバへの依存が大きいものの、利用者によるDNSサーバへの関心が低いと指摘。接続先のDNSサーバを調べるツール「Router Checker」を開発したという。

同ツールは、同社のウェブサイト上から利用するDNSをチェックするもので無償で利用することが可能。参照するDNSサーバのIPアドレスや地域、ISP、組織名などを表示し、問題がないか確認できる。

(Security NEXT - 2015/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減