Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスやマルウェアによる個人情報漏洩を2割弱が経験

2割近くの消費者が、不正アクセスやマルウェアによる個人情報の漏洩を経験していることがわかった。

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が、3月5日、6日の2日間にわたり、20代から60代までの一般消費者を対象に個人情報に関するアンケート調査をウェブ上で実施し、結果を取りまとめたもの。有効回答数は1000。

20150323_jd_002.jpg
個人情報を提供する際に確認している項目(グラフ:JIPDEC)

同調査では、企業などにおける個人情報の取り扱いが気になるか尋ねたところ、71.8%が「気になる」と回答。68.7%が不安や不信に感じていた。

また個人情報を提供する際に確認している項目としては、ブランドなど会社の信頼性が44%で最も多く、プライバシーポリシーといった個人情報の取り扱いに関する説明を読むユーザーも30%にのぼる。

プライバシーマークなど個人情報保護関連の認証について確認するユーザーが26%、ISMSなどのセキュリティ認証を確認するユーザーも24.3%にのぼる。

その一方で、口コミ(13%)や、「ウェブのわかりやすさや見た目」から判断しているユーザーも、11.6%と1割強いたという。また29.3%のユーザーは、「なにもしていない」と回答した。

(Security NEXT - 2015/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ