Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスやマルウェアによる個人情報漏洩を2割弱が経験

20150323_jd_001.jpg
個人情報に関するトラブル経験(グラフ:JIPDEC)

個人情報に関するトラブルの経験を尋ねたところ、未経験のユーザーは26.8%にとどまる。もっとも多いのが、迷惑メールの受信で、51.5%と半数以上にのぼる。また心当たりがない会社からDMが届いたケースも、25.3%と4人に1人が経験していた。

不正アクセスによる個人情報の流出を18.8%。マルウェア感染による流出も17%が経験していると回答。盗難や紛失による個人情報の流出についても、9.2%が体験していた。

トラブル発生時の対応としては、22.5%が「メールアドレスを変更」。「セキュリティ対策ソフトを入れた」が12.4%で続く。心当たりがある会社へ問い合わせをしたユーザーが11.2%、購入や利用をやめたユーザーは10.1%だった。また45.9%と半分近くが、「何もしていない」と回答している。

(Security NEXT - 2015/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差