Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全国古民家再生協会のサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

古民家の再生や保護に関する事業を展開する全国古民家再生協会のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされていたことがわかった。

不正アクセスによるサイト改ざんは、3月15日から18日にかけて発生。期間中に同協会のサイトへアクセスした場合、不正サイトに誘導され、マルウェアに感染するおそれがあった。個人情報に関しては、改ざんされたサーバとは別のサーバで取り扱っているとして、今回の不正アクセスによる外部流出の可能性については否定している。

同協会では一時的にサイトを停止して修正を行い、安全を確認したうえで20日に再開した。心当たりがある利用者へ、セキュリティ対策ソフトを用いて、マルウェアへ感染していないか確認するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2015/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
「Pulse Secure Linux GUI」に脆弱性 - アップデートがリリース
給食センター職員が有給休暇記録を改ざん、懲戒処分に - 長浜市
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃、10月以降国内で断続的に観測 - 被害報告も
ランサムウェアに感染、サイト改ざん被害も - 新潟大医歯学総合病院
サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を