Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全国古民家再生協会のサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

古民家の再生や保護に関する事業を展開する全国古民家再生協会のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされていたことがわかった。

不正アクセスによるサイト改ざんは、3月15日から18日にかけて発生。期間中に同協会のサイトへアクセスした場合、不正サイトに誘導され、マルウェアに感染するおそれがあった。個人情報に関しては、改ざんされたサーバとは別のサーバで取り扱っているとして、今回の不正アクセスによる外部流出の可能性については否定している。

同協会では一時的にサイトを停止して修正を行い、安全を確認したうえで20日に再開した。心当たりがある利用者へ、セキュリティ対策ソフトを用いて、マルウェアへ感染していないか確認するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2015/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市