Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GUARDIANWALL」に新版、標的型攻撃メール検知機能など

キヤノンITソリューションズは、メール経由の情報漏洩を防止するソリューションの新版「GUARDIANWALL Ver8.0」を提供開始した。

同製品は、メールのフィルタリングや誤送信対策、添付ファイル暗号化、監査など、メール向けのセキュリティ対策機能を提供するソリューション。Linux版と仮想アプライアンス版を用意している。

最新版では、送信元や添付ファイルが偽装されたメールを検出して通知する「標的型メール攻撃検知」機能をはじめ、宛先を誤って「TO」や「CC」に設定したことによるアドレス流出を防ぐ「自動BCC変換機能」、クライアント上で削除された過去のメールを復元する「ユーザーメールダウンロード機能」などを追加した。

またラインナップを一新しており、機能ごとに「フィルタリングモデル」「添付ファイルZIP暗号化モデル」「アーカイブモデル」を提供。各モデルを組みあわせて利用することもできる。

(Security NEXT - 2015/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など