Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GUARDIANWALL」に新版、標的型攻撃メール検知機能など

キヤノンITソリューションズは、メール経由の情報漏洩を防止するソリューションの新版「GUARDIANWALL Ver8.0」を提供開始した。

同製品は、メールのフィルタリングや誤送信対策、添付ファイル暗号化、監査など、メール向けのセキュリティ対策機能を提供するソリューション。Linux版と仮想アプライアンス版を用意している。

最新版では、送信元や添付ファイルが偽装されたメールを検出して通知する「標的型メール攻撃検知」機能をはじめ、宛先を誤って「TO」や「CC」に設定したことによるアドレス流出を防ぐ「自動BCC変換機能」、クライアント上で削除された過去のメールを復元する「ユーザーメールダウンロード機能」などを追加した。

またラインナップを一新しており、機能ごとに「フィルタリングモデル」「添付ファイルZIP暗号化モデル」「アーカイブモデル」を提供。各モデルを組みあわせて利用することもできる。

(Security NEXT - 2015/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド