Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プレステ20周年記念キャンペーン、応募者情報を誤って消去

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、家庭用ゲーム機「PlayStation」の発売20周年を記念したプレゼントキャンペーンにおいて、応募者の個人情報を誤って消去したことを明らかにした。

同キャンペーンは、2014年12月4日から2015年1月15日にかけて実施したもの。ゲーム機本体である「PlayStation 4」「同3」「同 Vita」「同 Vita TV」の購入者を対象に実施し、抽選で123人に「PlayStation 4 20周年 アニバーサリー エディション」をプレゼントするものだった。

応募にあたっては、10桁のキャンペーンコードと個人情報が必要となるが、当選者への商品発送を行う段階で、応募者全員の情報を誤って消去していたことが判明。復旧しようと試みたものの困難であったため、2月27日より再応募の受付を開始している。

キャンペーンコードをすでに廃棄している場合は、ゲーム機本体のシリアル番号と購入日を記入することで応募可能だという。また今回の問題に関し、個人情報の外部流出については否定している。

(Security NEXT - 2015/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
返却報告書類を別人宅に届ける事故 - 大阪市
狙われる「新型コロナ研究情報」、英米政府が注意喚起 - 脆弱なVPNやパスワードが標的に
「特別定額給付金」便乗の「なりすましメール」に注意
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
新コロ拡大防止協力金の申請者情報が閲覧できる不具合 - 新潟県
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経