Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Saurus CMS CE」にXSSの脆弱性

オープンソースのコンテンツマネージメントシステムである「Saurus CMS」のコミュニティ版に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2015-0876」など複数の脆弱性が含まれていることが判明したもの。

「同4.7@04.02.2015」より以前のバージョンに影響があり、悪用された場合、ユーザーのブラウザ上で任意のスクリプトが実行されるおそれがあるという。

同脆弱性は、NTTコムセキュリティの東内裕二氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2015/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
9件の脆弱性に対処した「Joomla 3.8.8」がリリース - バグ50件も修正
フォトブログ「Pixelpost」に複数脆弱性 - すでに開発は終了、利用中止を
WordPress用レビュープラグインにXSSの脆弱性
「WordPress」向けニュースレタープラグインに脆弱性
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
WordPress向けGoogle Map表示用プラグインにXSSの脆弱性
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Drupal」に乗っ取りが可能となる深刻な脆弱性、更新がリリース - 100万サイト以上に影響か