Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTネオメイト、クラウドで仮想スマート端末 - 手元にデータ残らず

NTTネオメイトは、スマートデバイス上にデータを残存させないクラウド型サービス「AQStage 仮想スマートデバイス by remotium」を4月1日より提供開始する。

同サービスは、米Remotiumのスマートデバイス仮想化ソリューション「remotium
Virtual Mobile Platform」をクラウドサービスとして提供するもの。マクニカネットワークスとの協業により実現した。

同サービスでは、NTTネオメイトのデータセンター上で仮想のAndroidデバイスを実行。仮想デバイスの画面を手元のスマートデバイス上へ転送する。仮想デバイス上でアプリを実行してデータを操作するため、手元のデバイス端末にデータを残さず利用できる。

また管理者向け機能により、アプリの配布やバージョン管理、アクセス先の制限やポリシーなどの各種設定が一元的に実行できる。価格は、個別見積もり。

(Security NEXT - 2015/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応