Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NASが踏み台となりスパム10万件を配信 - 首都大学東京

首都大学東京は、学内で利用しているネットワーク接続型ハードディスク(NAS)がスパムメールを送信するための踏み台にされ、約10万通が送信されていたことを明らかにした。

スパム送信に利用されたのは、同大学都市教養学部の社会福祉学教室が管理するNAS。1月27日16時ごろ、大量のメールが送信されていることを学内で検知したもので、ネットワークを遮断して同大内で調査したところ、同日15時過ぎから約1時間半の間に約10万通のスパムメールが送信されたことが判明した。

同大では2015年に入り、教務課の事務室で利用していたNASのFTPが初期設定のままで、学生や教員など約5万1000件の個人情報が外部に誤って公開されていたことが判明している。

今回問題となったNASは、FTP共有機能に関しては無効にしていたものの、管理者用のパスワードが初期設定のままだったという。不正アクセスを受けたNASの内部には、学生や教員のべ650人分の氏名や住所、電話番号などの個人情報が保存されていた。

同大では詳細な調査を専門業者に依頼。警察に被害を届けた。個人情報が悪用されたといった報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2015/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園