Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、クラウド利用を支援する機密情報のトークン化製品

NTTソフトウェアは、機密情報のトークナイゼーションにより保護する「TrustBind/Tokenization」を4月1日より提供開始する。

同製品は、個人情報などの機密情報をトークンに置き換え、実データではなくトークン化したデータによる処理に置き換えることで元となる情報を保護するセキュリティソリューション。クラウド活用の推進を支援するセキュリティ対策製品「TrustBind」シリーズのラインナップとして提供する。

トークンと元データとの関連性を組織内のデータベースで管理することで、クラウドにおける機密情報の取り扱いを可能とし、トークンのままセールスフォースの既存機能で検索できる。また「TrustBind/Secure Gateway」との連携により、クラウドサービスへのアクセスログを収集することが可能。

利用料は1ユーザーあたり月額1080円。「TrustBind/Secure Gateway」の導入費用や月額料金が別途必要となる。

(Security NEXT - 2015/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
Scalaの「JWT」に署名の検証処理を回避できる脆弱性