Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通FIPら、メールの添付ファイルを安全に送信するソリューション

富士通エフ・アイ・ピーと富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、メールの添付ファイルを安全に送受信する連携ソリューションを販売開始した。

同ソリューションは、富士通FIPが提供している暗号化ファイル伝送ツール「FUJITSU Security Solution Confidential Posting」と、富士通SSLが提供しているメール誤送信防止製品「FUJITSU Security Solution SHieldMailChecker誤送信防止」を連携させたもの。

メール送信時に、宛先などに基づき送信リスクを自動的に検出して通知する誤送信対策にくわえ、添付ファイルの暗号化機能を実装。添付ファイルをウェブ経由のダウンロードで送信することができる。

価格は、「Confidential Posting」のパッケージ版が100IDで54万円。クラウド版は月額100IDで8万6400円。「SHieldMailChecker誤送信防止」は100ライセンスパックが32万4000円、年間保守料が4万8600円。同社では、両ソリューションあわせて、3年間に10億円の売上を目指して展開していく。

(Security NEXT - 2015/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
メールで届く「wizファイル」に注意 - マクロ有効化でマルウェア感染のおそれも
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
攻撃グループ「PowerPool」、Windowsタスクスケジューラ狙うゼロデイ攻撃を展開
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上