Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通FIPら、メールの添付ファイルを安全に送信するソリューション

富士通エフ・アイ・ピーと富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、メールの添付ファイルを安全に送受信する連携ソリューションを販売開始した。

同ソリューションは、富士通FIPが提供している暗号化ファイル伝送ツール「FUJITSU Security Solution Confidential Posting」と、富士通SSLが提供しているメール誤送信防止製品「FUJITSU Security Solution SHieldMailChecker誤送信防止」を連携させたもの。

メール送信時に、宛先などに基づき送信リスクを自動的に検出して通知する誤送信対策にくわえ、添付ファイルの暗号化機能を実装。添付ファイルをウェブ経由のダウンロードで送信することができる。

価格は、「Confidential Posting」のパッケージ版が100IDで54万円。クラウド版は月額100IDで8万6400円。「SHieldMailChecker誤送信防止」は100ライセンスパックが32万4000円、年間保守料が4万8600円。同社では、両ソリューションあわせて、3年間に10億円の売上を目指して展開していく。

(Security NEXT - 2015/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を