Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、暗号化状態で演算できる「準同型暗号」に鍵長伸ばす技術 - 100年以上の保護が可能に

情報通信研究機構(NICT)は、暗号化した状態でデータ処理が行える「準同型暗号」のセキュリティレベルを高める技術をあらたに開発した。

あらたに開発した技術では、暗号化したまま演算ができる準同型暗号方式に対し、復号せずに鍵長を伸ばすことが可能。より堅牢な暗号化へ移行する際も、復号化する情報漏洩リスクを避けることができる。

暗号化の危殆化により、従来は数年から数十年程度の保護が限界だったが、同技術により鍵長を伸ばすことで100年以上に拡大できると説明。医療分野における遺伝子情報を活用した場合は、暗号化した状態で統計処理に活用できる一方、プライバシーに関わるデータを当人の存命期間より長期間にわたり、保護できるとしている。

今後は、国内の人口を想定した1億件規模のデータを用いて、大規模なプライバシー保護データマイニングシステムが構築可能であることを実証するなど、応用研究を進めていく。

(Security NEXT - 2015/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
ココンと産総研、高機密性データの利活用に向け共同研究
「PCI PIN Security」の日本語審査を提供 - NTTデータ先技
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会