Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外小規模動画サイトの広告にワナ - アニメ違法動画で詐欺サイトへ誘導

海外の動画共有サイトで、動画の閲覧者を詐欺サイトに誘導する手口が増加しているという。

BBソフトサービスによれば、2014年12月における不正サイトの検知状況から明らかとなったもの。同社によれば、不正サイトの総検知数は41万2372件だった。今回よりデータ集計の仕様を変更しており、前回との比較は行っていない。

不正サイトを種類別に見ると、従来の傾向と変わらず、「ワンクリック・不正請求サイト」が88.2%で最多。「フィッシング詐欺サイト」が9.9%、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が1.2%、「脆弱性悪用サイト」が0.6%、「マルウェア感染サイト」が0.01%と続く。

12月は、海外の動画共有サイトにおいて、動画コンテンツの閲覧者向けに、詐欺サイトへ誘導するバナー広告を表示する手口が増加。日本のアニメやドラマなど違法に投稿した動画から誘導するもので、違法行為へ対処が早い大手動画サイトではなく、著作権侵害の取り締まりが比較的緩い海外の小規模サイトを利用する動きが目立っているという。

動画共有サイト以外でも、詐欺サイトへ誘導する広告を一般企業を装って配信する事例はこれまでも多数確認されており、引き続き注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移
IPAが10大脅威を選出 - 注目集めるランサムウェア
「ウイルス検出」とだます偽警告、1年間で約15倍に