Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童309人の個人情報をウェブサイトに誤掲載 - 大阪市

大阪市浪速区役所において、同区内の保育所に入所している児童309人の個人情報含む資料を、誤ってウェブサイト上に掲載していたことがわかった。

同市によれば、1月6日15時ごろ、同月5日時点における区内保育所の空き状況をウェブサイト上で公表したが、その際に2014年4月1日に入所した児童の個人情報309人分が記載された資料を誤って公開したという。

児童の氏名や障害の有無、保育上の配慮に関する情報などが含まれる。7日に、ウェブサイトを閲覧した区民から指摘があり問題が判明した。

公開した資料は、保育所の空き状況を計算するための基礎データとして使用したもので、空き状況を一覧表にしたファイルを掲載する際、一緒に掲載したという。

同区では7日11時に個人情報を削除。関係者への説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校教諭が個人情報入りPC紛失、路上で居眠り中に - 大阪市
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
小学校で児童名簿を紛失、5カ月後の匿名通報で発覚 - 千葉市
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市