Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISCのウェブサーバにマルウェア - 閲覧した場合は感染チェックを

Internet Systems Consortium(ISC)は、ウェブサーバがマルウェアへ感染していた可能性があるとしてサイトを停止した。

ISCは、米国のNPO法人でBINDやDHCP、NTPなどをはじめ、オープンソースソフトウェアを開発する団体。DNSサーバの「Fルートサーバ」を運用するほか、DNSの危機コーディネーションセンター(OARC)を運用している。

ウェブサイトがマルウェアに感染している可能性が判明したもので、メンテナンスを行うためにウェブサイトを停止した。心当たりがある場合は、マルウェアへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

またソフトウェアをダウンロードする必要がある場合は、FTPサイトより入手するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2014/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減