Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISCのウェブサーバにマルウェア - 閲覧した場合は感染チェックを

Internet Systems Consortium(ISC)は、ウェブサーバがマルウェアへ感染していた可能性があるとしてサイトを停止した。

ISCは、米国のNPO法人でBINDやDHCP、NTPなどをはじめ、オープンソースソフトウェアを開発する団体。DNSサーバの「Fルートサーバ」を運用するほか、DNSの危機コーディネーションセンター(OARC)を運用している。

ウェブサイトがマルウェアに感染している可能性が判明したもので、メンテナンスを行うためにウェブサイトを停止した。心当たりがある場合は、マルウェアへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

またソフトウェアをダウンロードする必要がある場合は、FTPサイトより入手するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2014/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件
「BIND 9」のセキュリティアップデートが公開 - 「NXNSAttack」などに対応
主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
Let's Encrypt、証明書304万件を失効 - バグ原因で
フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
12月のDDoS攻撃、前月比約2割減 - IIJまとめ
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化