Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同一詐欺グループで7万件のドメイン取得 - 正規サイト改ざんでSEO

金銭や個人情報を騙し取る詐欺サイトを作成するため、同一のサイバー犯罪者によって約7万件のドメインが取得されている実態が明らかになった。

トレンドマイクロによれば、同社が確認した詐欺サイトのドメイン登録時に用いられたメールアドレスを手がかりに、同じメールアドレスが他ドメインの登録に用いられていないか調査を行ったところ、多数ドメインを取得していることが判明したもの。

最近では、セキュリティベンダーなどへの発覚をおそれ、申請時に異なる登録情報を用いるなど巧妙化が進んでいるが、今回のケースでは、同じメールアドレスで6万9079件のドメインを取得しており、同社が知る限り今回のような大量取得は前例がないという。

調査のきっかけとなったサイトは、Appleの人気スマートフォン「iPhone」のアクセサリー販売を装った詐欺サイト。12月10日以降アクセス数が急増しており、日本国内から少なくとも6000人以上が誘導されていたという。

悪用されたドメインは、2014年4月2日に登録更新が行われた記録が残存しており、それ以前より詐欺サイトの準備が進められていた可能性がある。

(Security NEXT - 2014/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中