Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

預かり資産など顧客情報記載の内部文書が所在不明 - 東洋証券

東洋証券は、顧客情報が記載された書類が、同社支店内で所在不明になっていることを明らかにした。

紛失したのは、顧客への電話連絡のために岩国支店で使用していた文書。顧客180人分の個人情報が記載されていた。氏名または法人の名称、住所、年齢、性別のほか、預かり資産の評価額なども含まれる。

同社は、書類が支店外に持ち出された形跡はないとし、誤って廃棄した可能性が高いと説明。対象となる顧客には、個別に連絡するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2014/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
印影など顧客情報含む約5000件の書類が所在不明 - 大和証券
保険料口座振替依頼書を紛失 - 愛知県内農協
顧客の預り資産評価額など記載した書類を紛失 - 東洋証券
「投資カレンダー」に不正アクセス、アカウント情報流出の可能性 - 証券ジャパン
契約者情報75万件を紛失 - 三井住友海上あいおい生命
顧客情報3000件含む帳票が所在不明 - 第一生命子会社
顧客情報入りマイクロフィルムが所在不明 - 第一生命