Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD

パチンコホール事業を展開するダイナムジャパンホールディングスがサイバー攻撃を受けた問題で、同社は一部個人情報の流出を確認した。

一部サーバがランサムウェアによる攻撃を受け、内部のデータを暗号化され、攻撃者によるメッセージが残されていたもの。

同社では9月2日未明にアラートで被害に気が付き、システムの復旧を図るとともに、関係当局へ事態を報告。セキュリティ事業者協力のもと調査を進めていた。

調査の結果、グループ会社のダイナムが運営する店舗の地権者に関する氏名や口座情報2042件や、夢コーポレーションの店舗地権者に関する氏名、入金情報172件の流出を確認。

またダイナムの取引先に関する名刺情報253件、従業員持株会の会員に関する氏名や証券口座情報1218件など、あわせて3685件の情報流出を確認した。

同社によると、いずれもダークウェブ上でデータが公開されていることを確認した。他情報への影響も調べているが、問題のサイトは現状アクセスできない状況にあるという。

同社では対象となる関係者へ個別に連絡を取っている。また原因など引き続き詳細について調査するとともに、再発防止策の検討を進めている。

(Security NEXT - 2022/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ