Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険会社2社の業務委託先より顧客データ約200万件が流出

アフラック生命保険とチューリッヒ保険より業務を受託していた海外事業者がサイバー攻撃を受け、両社の一部顧客に関するデータが外部へ流出したことがわかった。

両社より業務を受託している海外事業者が、1月7日以降にサイバー攻撃を受け、サーバ内のデータを窃取され、外部サイト上に公開されたもの。一部関係者によると流出元となったのは、動画プラットフォームを提供する「SundaySky」だという。

アフラック生命保険では、1月9日に同社米国法人より情報流出についてウェブメディアに記載があるとの情報が寄せられ、問題を把握。調査を行ったところ、2021年5月から2022年2月にかけて3回にわたり実施したダイレクトメール施策に用いたデータが被害に遭ったことがわかった。

「新がん保険」「スーパーがん保険」「スーパーがん保険Vタイプ」の契約者132万3468人分のデータで、名字や性別、年齢、証券番号、加入している保険の種類番号、保障額、保険料などが含まれる。

一方、チューリッヒ保険においても、1月9日未明に同社グループのリスク管理部門が、外部サイトで情報が公開されていることを確認した。

(Security NEXT - 2023/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞