Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大和証券海外子会社にサイバー攻撃 - 情報流出など影響を調査

大和証券グループ本社の子会社で、イギリスにおいて企業M&Aのアドバイザリ事業を展開するDaiwa Corporate Advisory(DC Advisory)がサイバー攻撃を受けたことがわかった。

大和証券グループ本社によれば、DC Advisoryのサーバやネットワークがサイバー攻撃を受けたもので、4月6日に情報が外部に流出した可能性があることを確認したもの。

攻撃を受けた期間や被害の規模、情報流出の範囲、原因など、外部セキュリティ事業者の協力のもと詳細について調査を進めている。業務への影響は出ておらず、サービスについては通常通り提供しているという。

今回の問題を受けてDC Advisoryでは現地当局へ事態を報告。国内においても大和証券グループ本社より金融庁に対して報告を行った。

また今回攻撃が確認されたDC Advisoryと、大和証券グループ本社および同社イギリス現地法人ではネットワークを接続しておらず、影響はないとしている。他グループ会社への影響については調査を行っている。

(Security NEXT - 2022/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

しまむら、サイバー攻撃でシステム障害 - 全店舗の一部サービスに影響
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
サイバー攻撃の侵入経路、VPN脆弱性の可能性 - 日邦産業
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
サイバー攻撃被害の情報共有に向けて検討会 - 政府
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都