Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大和証券海外子会社にサイバー攻撃 - 情報流出など影響を調査

大和証券グループ本社の子会社で、イギリスにおいて企業M&Aのアドバイザリ事業を展開するDaiwa Corporate Advisory(DC Advisory)がサイバー攻撃を受けたことがわかった。

大和証券グループ本社によれば、DC Advisoryのサーバやネットワークがサイバー攻撃を受けたもので、4月6日に情報が外部に流出した可能性があることを確認したもの。

攻撃を受けた期間や被害の規模、情報流出の範囲、原因など、外部セキュリティ事業者の協力のもと詳細について調査を進めている。業務への影響は出ておらず、サービスについては通常通り提供しているという。

今回の問題を受けてDC Advisoryでは現地当局へ事態を報告。国内においても大和証券グループ本社より金融庁に対して報告を行った。

また今回攻撃が確認されたDC Advisoryと、大和証券グループ本社および同社イギリス現地法人ではネットワークを接続しておらず、影響はないとしている。他グループ会社への影響については調査を行っている。

(Security NEXT - 2022/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
EC事業者の6割弱がサイバー攻撃の被害経験 - 半数で情報漏洩
保険会社2社の業務委託先より顧客データ約200万件が流出
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
特別な「アノニマス対策」は不要、普段から基本的な対策を
サイバー攻撃被害の情報共有でガイダンス - 政府がパブコメ実施
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
サイトの脆弱性診断で勝負 - 専門学生向けセキュコンが開催