Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECがセキュリティ事業を強化 - 人員倍増し1200人体制に

NECは、サイバーセキュリティ事業を強化する。2017年度までにグループにおける同分野の人員を倍増する計画で、2500億円の売り上げを目指す。

サイバー攻撃による情報流出などの被害が拡大しており、さらなるセキュリティ対策の需要増加が今後見込まれるとして、サイバーセキュリティ事業への投資を加速させるもの。

具体的には、サイバーセキュリティ分野に携わる従業員を大幅に増員。2017年度までにグループ全体で現在の倍にあたる1200人に拡大。2500億円の売り上げを目指して事業を展開する。

あわせてソリューションの強化も実施。プロアクティブな対策を実現するソリューションとして、脆弱性の把握から対策まで実施する「セキュリティ統合管理・対処ソリューション」や、脆弱性情報などを収集、対策情報を提供する「脅威・脆弱性情報管理ソリューション」を用意。2015年第1四半期より提供する予定。

(Security NEXT - 2014/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック