Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECがセキュリティ事業を強化 - 人員倍増し1200人体制に

NECは、サイバーセキュリティ事業を強化する。2017年度までにグループにおける同分野の人員を倍増する計画で、2500億円の売り上げを目指す。

サイバー攻撃による情報流出などの被害が拡大しており、さらなるセキュリティ対策の需要増加が今後見込まれるとして、サイバーセキュリティ事業への投資を加速させるもの。

具体的には、サイバーセキュリティ分野に携わる従業員を大幅に増員。2017年度までにグループ全体で現在の倍にあたる1200人に拡大。2500億円の売り上げを目指して事業を展開する。

あわせてソリューションの強化も実施。プロアクティブな対策を実現するソリューションとして、脆弱性の把握から対策まで実施する「セキュリティ統合管理・対処ソリューション」や、脆弱性情報などを収集、対策情報を提供する「脅威・脆弱性情報管理ソリューション」を用意。2015年第1四半期より提供する予定。

(Security NEXT - 2014/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁