Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsネットワークを可視化する「VISUACT3」をリリース

アズビルセキュリティフライデーは、組織のネットワーク向けネットワークセンサー「VISUACT3」を11月25日に販売開始する。

同製品は、企業内部のWindowsネットワークを可視化するセキュリティソリューション。同製品は、従来のファイルサーバ監視をはじめ、管理アクセス、認証、不正アクセスなどの監視に対応。ログはテキスト形式で、SIEM(Security Information and Event Management)やログ解析システムで解析することができる。ソフトウェアのライセンス価格は、100万円から。

(Security NEXT - 2014/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス