Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsネットワークを可視化する「VISUACT3」をリリース

アズビルセキュリティフライデーは、組織のネットワーク向けネットワークセンサー「VISUACT3」を11月25日に販売開始する。

同製品は、企業内部のWindowsネットワークを可視化するセキュリティソリューション。同製品は、従来のファイルサーバ監視をはじめ、管理アクセス、認証、不正アクセスなどの監視に対応。ログはテキスト形式で、SIEM(Security Information and Event Management)やログ解析システムで解析することができる。ソフトウェアのライセンス価格は、100万円から。

(Security NEXT - 2014/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量