Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正送金ウイルスの認知度は4割以下 - ベネッセ事件でも8割弱

ビジネスパーソンにおけるセキュリティ事件の認知度調査で、オンラインバンキングにおける不正送金ウイルスの認知度は、4割に満たないことがわかった。認知度の上位10件に「Adobe Flash Player」の脆弱性や「Heartbleed」も入っているものの、いずれも3割以下だった。

マカフィーが、10月24日から27日にかけて、国内企業の経営者や情報システム担当者、一般従業員など22歳以上の男女1036人を対象に、2014年に発生したセキュリティ事件の認知度調査を実施。10大セキュリティ事件ランキングを取りまとめたもの。

もっとも認知度が高かったのは、7月に発生したベネッセの顧客情報流出事件で77.7%。「振り込め詐欺、迷惑電話による被害」が続くが、59%と6割を切る。

法人において金銭被害が拡大している「大手銀行のネットバンキングを狙う不正送金ウイルス」については、39.2%と4割に満たなかった。

不正ログインに関しては、3位に「LINEの乗っ取り被害(56.2%)」が半数を超えたものの、7位「JALマイレージウェブサイトに不正アクセス(33.4%)」、8位の「JR東日本Suicaポイントクラブに不正ログイン(27.1%)」といった事件は認知度が下がる。

脆弱性に関する認知度は、トップ10に入ったものの、「Flash Playerの脆弱性(26.2%)」が9位に、「OpenSSLの脆弱性(25.4%)」は10位となったものの3割を切った。

同社がまとめた2014年のセキュリティ事件ランキングは以下のとおり。

1位:ベネッセ、顧客情報が大量流出
2位:振り込め詐欺、迷惑電話による被害
3位:LINEの乗っ取り被害
4位:大手銀行のネットバンキングを狙う不正送金ウィルス
5位:大手金融機関やクレジットカード会社をかたるフィッシング
6位:iCloudで海外セレブの写真やセルフポートレートが流出
7位:JALマイレージwebサイトに不正アクセス
8位:JR東日本「Suicaポイントクラブ」に不正ログイン
9位:Flash Playerに脆弱性
10位:OpenSSLの脆弱性

(Security NEXT - 2014/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
LINE、捜査機関に対する情報開示状況を公開
2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加
2016年の漏洩データは14億件、前年比86%増 - Gemaltoまとめ
個人情報保護委、個人データ漏洩時の対応方法示す - パブコメに117件の意見