Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス

日立システムズは、重要インフラや工場の制御システムのネットワーク向けに、セキュリティ対策サービス「SHIELD 制御システム向けセキュリティ」を提供開始する。

20141105_hs_001.jpg
サービス概要(図:日立システムズ)

同サービスは、利用期間が長く、セキュリティアップデートを適用しにくい制御システム向けのセキュリティソリューション。社会インフラを管理する事業者や自治体、製造業向けに展開する。

システムには影響を及ぼさない「おとり」となるサーバを設置し、標的型攻撃を検知する「デコイサーバー導入サービス」を用意。

そのほか、同社セキュリティオペレーションセンターによるリモート監視や、情報提供サービス、CSIRTの運用支援、システムの脆弱性診断サービスなど、制御システム向けのセキュリティサービスを提供する。

(Security NEXT - 2014/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
制御システム安全装置狙う「Triton」を検知 - 大規模攻撃の準備段階で失敗か
「制御システムリスク分析ガイド」に「活用の手引き」 - IPA
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
日立システムズ、「SHIELD統合SOC」を開設