Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、「Deep Security」新版を2015年初頭に発売 - 「VMware NSX」と連携

トレンドマイクロは、サーバ向けセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」の新版を、2015年1月7日より提供開始する。

同ソリューションは、マルウェアや脆弱性への対策、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視など備えたサーバ向けセキュリティ対策製品。

「同9.5」では、リアルタイム検索を「Deep Securityエージェント Linux版」に実装。またVMwareのネットワーク仮想化技術である「VMware NSX」との連携に対応した。

「VMware NSX」との連携により、バーチャルマシン内にマルウェアが侵入した場合に、一時的に自動隔離することが可能。VMware NSXで定義したバーチャルマシン内に被害にとどめ、他バーチャルマシンへの影響を抑えることができるという。

またVMwareの仮想サーバ管理ソフト「vCenter Operations Management(VCOPS)」)との連携により、検出したインシデント情報をVCOPS上より確認できる。

同社は、2015年1年間に15億円の売上げを目指して同製品を展開していく。

(Security NEXT - 2014/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス