Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月に「セキュリティ・ミニキャンプ in 沖縄」が開催

12月に「セキュリティ・ミニキャンプ in 沖縄」が開催される。今回のキャンプではIoTにフォーカスした講演や演習も予定されている。

「セキュリティ・キャンプ」は、情報セキュリティ人材の育成を目的として、2004年から実施されている学生向けイベント。関心のある一般参加者にも門戸を広げるため、2012年度からは地方の支援組織と連携して「セキュリティ・ミニキャンプ」が開催されている。

沖縄大会は、2013年に引き続き開催されるもので、12月19日から21日までの3日間の日程で開催。初日は、学生に限らずだれでも参加できる一般講座で、IoTが進む現状を踏まえ、「自動車や医療機器への脅威と対策」といった講演などをプログラムとして用意している。

2、3日目は選抜者を対象とした実習形式の合宿講座。家電などの機器から脆弱性を検出する技術や、攻撃検知のメカニズムなどをはじめ、15時間のカリキュラムを予定している。

定員は、一般講座が100名程度、合宿講座が20名程度。応募資格や応募方法、締め切りなどの詳細は同イベントのページから。

(Security NEXT - 2014/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
英会話教室でメール誤送信 - 氏名やメアドが流出
「セキュキャン」修了生の活躍を紹介するイベント - IPA
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
セキュキャン2017の参加者決定 - 3割が地方大会経験者
セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供
「セキュキャン2017」が参加者募集を開始 - 単一テーマ取り組む「集中コース」も
IPA、「セキュキャン2017」会場の事前確認公募を開始
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も