Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード番号1500件を保存した記憶媒体を社外で紛失 - UCカード

ユーシーカードの従業員が、1500人分のカード会員番号などを保存した記憶メディアを社外に持ち出し、紛失していたことがわかった。

所在不明となっている記憶メディアには、1218人分のカード番号と、282人分の氏名とカード番号、あわせて1500人分の情報が保存されていた。同社では、各カードの発行会社に連絡し、カードの再発行や不正利用の監視強化などを依頼したという。

同社では、紛失した情報だけではカードが不正利用される可能性は低いと説明。不正利用による被害が発生した場合も、会員に負担のないよう対応するとしている。

(Security NEXT - 2014/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる