Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共同PR、個人情報漏洩対策で研修サービス - 模擬記者会見で啓発

共同ピーアールは、従業員における意識向上を目的とした研修プログラム「個人情報漏えい対策トレーニング」を10月より提供開始する。

同サービスは、個人情報漏洩発生時の事後対応などを想定した参加体験型の研修プログラム。従業員が、漏洩発生時における消費者対応や模擬記者会見などを体験したり、見学することで、個人情報保護の意識を高めるという。

料金は216万円から。別途、会場費用が必要。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
長野県、薬剤師免許申請書類を紛失 - 業務には影響なし
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
県立病院になりすまし電話、研修医の個人情報聞き出す - 新潟県
患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院
転居先住所を本人の意志に反して提供 - 仙台市
金融庁、仮想通貨取引事業者7社に行政処分 - 2社には業務停止命令も
拘束力持つセキュリティ規則と基準を要請 - 8社が共同憲章に署名