Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共同PR、個人情報漏洩対策で研修サービス - 模擬記者会見で啓発

共同ピーアールは、従業員における意識向上を目的とした研修プログラム「個人情報漏えい対策トレーニング」を10月より提供開始する。

同サービスは、個人情報漏洩発生時の事後対応などを想定した参加体験型の研修プログラム。従業員が、漏洩発生時における消費者対応や模擬記者会見などを体験したり、見学することで、個人情報保護の意識を高めるという。

料金は216万円から。別途、会場費用が必要。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
ラジオNIKKEI、関係者が番組で投票数を操作 - アクセス集中による障害で発覚
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
長野県、薬剤師免許申請書類を紛失 - 業務には影響なし