Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WAFやDDoS対策、ウェブ改ざん復旧など提供するクラウドサービス

NTTソフトウェアは、ウェブサイトを保護するクラウド型セキュリティ対策サービス「TrustShelter」を11月4日から提供開始する。

同サービスは、攻撃の遮断や復旧、脆弱性の診断と3種類の対策メニューを用意したウェブサイト用セキュリティ対策サービス。必要に応じて組み合わせて利用できる。

「TrustShelter/WAF」では、ウェブアプリに対する脆弱性攻撃を遮断するウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)サービス。コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の機能も提供し、DDoS攻撃にも対応することが可能。

また「TrustShelter/CW」では、サイトの改ざんを監視し、改ざんが発生時に管理者へ通知したり、復旧を行うことが可能。さらに、サイトの脆弱性診断を行い、改善策を提案する診断サービス「TrustShelter/ST」を用意している。

「TrustShelter/WAF」は月額6万4800円から。「TrustShelter/CW」は月額1万5120円から。いずれも最低1年の契約が必要。「TrustShelter/ST」は個別見積もりで対応する。

(Security NEXT - 2014/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス