Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI

アルプスシステムインテグレーションは、ログに不正アクセスなどの脅威が隠されていないか診断する「不正通信診断サービス」を、2021年1月29日まで企業向けに無償で提供する。

同サービスは、システムの稼働状況やアクセスログから、不正アクセスなどの脅威が隠されていないか診断するもの。対象となるログはファイアウォール、プロキシ、Microsoft 365のログでIPアドレスが必要。上限を3Gバイトとしており、事前に個人情報を削除しておく必要がある。

診断には、CrowdStrikeより提供を受けている脅威情報をSIEMを用いて照合。不正アクセスの有無について診断した結果を報告。対象企業におけるアクセス傾向や、リスクのあるアクティビティの有無などもレポートする。

(Security NEXT - 2020/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで