Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI

アルプスシステムインテグレーションは、ログに不正アクセスなどの脅威が隠されていないか診断する「不正通信診断サービス」を、2021年1月29日まで企業向けに無償で提供する。

同サービスは、システムの稼働状況やアクセスログから、不正アクセスなどの脅威が隠されていないか診断するもの。対象となるログはファイアウォール、プロキシ、Microsoft 365のログでIPアドレスが必要。上限を3Gバイトとしており、事前に個人情報を削除しておく必要がある。

診断には、CrowdStrikeより提供を受けている脅威情報をSIEMを用いて照合。不正アクセスの有無について診断した結果を報告。対象企業におけるアクセス傾向や、リスクのあるアクティビティの有無などもレポートする。

(Security NEXT - 2020/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大