Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec

ブロードバンドセキュリティは、テレワーク環境に特化した脆弱性診断サービスを提供開始した。

ウェブアプリケーションとネットワークの脆弱性診断を「テレワーク支援セキュリティ診断キャンペーン」として短期間で実施するもので、6月末日までの期間限定で提供する。

VPN機器や認証サーバ、クラウド環境といった接続拠点の設定不備など、不正アクセスで狙われやすいセキュリティ上の不備がないか診断する。

診断前の打ち合わせや報告書、報告会もすべてリモート対応。診断は開始から最短で3営業日としており、報告書は翌営業日に提出する。

価格は自動クロールによるFQDN1件とグローバルIPアドレス5件までで10万円。グローバルIPアドレス10件までで10万円。報告会はオプションとなる。いずれも税別。

(Security NEXT - 2020/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
企業戦略としてテレワーク、導入時の課題やリスクは?
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ