Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関ノウハウ活用した不正検知サービス - ACSiON

ACSiONは、オンライン上の不正行為を検知するプラットフォーム「Detecker」を12月より提供開始する。

同社は、セブン銀行と電通国際情報サービス(ISID)による合弁会社。セブン銀行における金融犯罪対策のノウハウを不正検知モデルとして活用し、オンライン上の不正行為を検知するプラットフォームを開発している。

同社では銀行業高度化等会社の認可を受け、非金融分野に事業展開が可能となったことから、業界横断的に不正利用データを蓄積、共有して不正行為対策を提供するプラットフォーム「Detecker」を提供開始する。

同プラットフォームでは、機械学習を活用。金融分野はもちろん、eコマースやその他事業など広範囲な業界向けに、通常の利用者とは異なる攻撃者の不審な動きを検知し、同一攻撃者による不正アクセスや不正な取引、利用などを防止するサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2019/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
匿名加工情報作成ソフトに新版、架空パーソナルデータの合成に対応
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応