Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関ノウハウ活用した不正検知サービス - ACSiON

ACSiONは、オンライン上の不正行為を検知するプラットフォーム「Detecker」を12月より提供開始する。

同社は、セブン銀行と電通国際情報サービス(ISID)による合弁会社。セブン銀行における金融犯罪対策のノウハウを不正検知モデルとして活用し、オンライン上の不正行為を検知するプラットフォームを開発している。

同社では銀行業高度化等会社の認可を受け、非金融分野に事業展開が可能となったことから、業界横断的に不正利用データを蓄積、共有して不正行為対策を提供するプラットフォーム「Detecker」を提供開始する。

同プラットフォームでは、機械学習を活用。金融分野はもちろん、eコマースやその他事業など広範囲な業界向けに、通常の利用者とは異なる攻撃者の不審な動きを検知し、同一攻撃者による不正アクセスや不正な取引、利用などを防止するサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2019/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も