Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日韓のセキュリティ動向がわかるシンポジウム - JNSA

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、第4回日韓情報セキュリティシンポジウムを11月7日に開催する。

同イベントは、日韓両国における情報セキュリティの向上や、企業や関係者の交流を深めることを目的としたシンポジウム。同協会と韓国の知識情報セキュリティ協会(KISIA)が協力して開催する。

日韓における情報セキュリティ国家戦略と題して、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)副センター長の谷脇康彦氏や、韓国インターネット振興院(KISA)でバイスプレジデントを務めるNo, Byung-kyu氏が登壇する予定。

またクラウドコンピューティングセキュリティや、情報セキュリティ人材育成などをテーマとした講演を予定している。

会場は、フクラシア東京ステーションで定員は120名。参加費用は無料。イベントの詳細や申し込みは同協会のページから。

(Security NEXT - 2014/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
SECCON決勝戦が終幕 - 韓国チームが連覇、日本チームは3位と健闘
「標的型攻撃メール」が大幅増、プラント関連事業者が標的 - 実在の開発プロジェクトなど詐称
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
Trend Micro CTF 2017、エジプトチームが優勝
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
5358番ポートへのアクセスが増加、「Mirai」と異なるIoTボットネットか
SECCON 2016決勝、存在感見せつけたアジア勢
標的型攻撃メールが約6分の1に - 正規証明書でコード署名されていたケースも