Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 上智大

上智大学は、学生の氏名や成績などが保存されたパソコンが、海外で盗難被害に遭っていたことを明らかにした。

被害に遭ったパソコンには、同大学の教員が2000年から2013年の間に担当した3科目の受講者に関する氏名や成績などの情報が保存されていた。対象ファイルにはパスワードを設定しているほか、ハードディスクの暗号化などセキュリティ対策を講じていたという。

同大学では、対象となる受講者に書面を送付し、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2014/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
ポルシェジャパンに不正アクセス、顧客情報2.8万件が流出 - 独親会社からの指摘で判明
教員の私用メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 滋賀県立大
革製品販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
メール誤送信で海外メディア記者のメアド流出 - 東京マラソン財団
学生の個人情報含む書類を海外研修先で紛失 - 中部大