Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宅配便利用者向けサイト「クロネコメンバーズ」で不正ログイン

ヤマト運輸の宅配便利用者向けサービス「クロネコメンバーズ」のウェブサイトが、不正アクセスを受けたことがわかった。

20140926_yh_001.jpg
不正ログインが発生した「クロネコメンバーズ」

特定のIPを発信元としたパスワードリスト攻撃を受けたもの。9月26日の時点で約19万件に対してログインの試行が行われ、1万589件のアカウントで不正にログインされたという。

ログインされたユーザーは、IDや氏名、電話番号、性別、郵便番号、住所、メールアドレス、利用端末の種類など閲覧された可能性がある。

同社によれば、9月25日に攻撃へ気が付き、発信元IPからのアクセスを制限した。今回の攻撃に関し、同社で使用されていないアカウントが多数含まれていたことから、同社以外のサービスから漏洩したアカウント情報によるパスワードリスト攻撃であると説明している。

同社では、個人情報を不正に閲覧された可能性のあるユーザーのアカウントに関してはパスワードをリセットし、個別に連絡を取る。また利用者に対し、他サービスと同じパスワードを利用せず、定期的にパスワード変更したり、推測できるパスワードを避けるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃