Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、「bash」の脆弱性を狙うアクセスを観測

「bash」においてリモートよりコードが実行可能となる深刻な脆弱性が見つかった問題で、警察庁は、早くも脆弱性を標的としたアクセスを観測していることを明らかにした。サーバ管理者へ対策を呼びかけている。

20140925_np_001.jpg
警察庁による検出状況

問題の脆弱性「CVE-2014-6271」が悪用されると、SSH接続やウェブサーバに対するCGI、PHPによるリクエストなど、脆弱性を悪用する不正なリクエストを送り付けることで、環境によっては任意のコマンドを実行されるおそれがある。

警察庁によれば、同庁の定点観測システムにおいて、25日の5時以降、脆弱性の有無を確認すると見られるアクセスを観測。2件のIPアドレスが利用されており、1件は公表した上で脆弱性の影響を受ける機器の件数を調査するものだったが、もう1件は、送信元や目的はわからなかったという。

同庁では、公開されているパッチを適用するとともに、パッチの不具合が報告されていることから、緩和策の実施などを呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
WordPress向けプラグイン「LoginPress」に脆弱性