Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 大分大付属病院

大分大学医学部付属病院において、患者の個人情報1万3286件が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

病名などをはじめ、患者情報を保存していたUSBメモリが、院内で所在不明となっているもの。8月21日に職員が紛失していることに気付いたという。

紛失したUSBメモリには、2003年以降に受診した1万3157人の氏名、住所、電話番号、検査項目、病名などのほか、臨床試験に協力した患者129人の氏名や検査結果なども保存されていたと見られている。

今回の問題を受け、同大では、原因究明を進め、再発防止策などを講じるとしている。

(Security NEXT - 2014/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
県立病院で患部画像や個人情報含むカメラ紛失 - 新潟県
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構