Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類349件を紛失、誤廃棄の可能性 - 四国労金

四国労働金庫は、中村支店において、顧客情報が記載された財形貯蓄関連の書類349件を紛失していたことを明らかにした。

8月4日に同支店で保管書類の確認を行ったところ、2団体において2014年5月26日から6月6日の間と、同年6月30日から7月9日の間に受け付けた「財形貯蓄新規申込書金庫控」「財形貯蓄変更申込書金庫控」「財形貯蓄住所変更届」などの書類あわせて349件の紛失が判明した。

同金庫ではこれらの紛失書類について、不要書類とともに誤って廃棄したと説明。顧客情報の外部流出や不正利用の可能性について否定している。紛失の対象となる顧客に対しては、個別に報告するという。

(Security NEXT - 2014/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
特別支援学校で生徒の個人情報が所在不明 - 東京都
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金
預り内容など顧客情報含む受取書が所在不明 - 青い森信金
顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 北星信金
顧客情報含む伝票綴りを紛失、誤廃棄か - 鹿児島相互信金
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県