Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

13年以上にわたる顧客情報の持ち帰りが判明 - 北海道信金

北海道信用金庫は、従業員が顧客情報が記載された業務関係書類を自宅に持ち帰っていたことを明らかにした。

同金庫によれば、2月9日に定例の内部監査を行ったところ、従業員が規定に反して顧客情報が記載された業務関係書類を自宅へ持ち帰っていたことが判明したもの。

2010年4月から2024年2月にかけて、取引申込書の顧客控えや取引明細紹介票など、10支店の書類1935件を持ち帰っていた。顧客2375人に関する氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、口座番号、取引残高などが含まれる。

同金庫では、持ち出された書類をすべて回収した。内部調査の結果、持ち帰った顧客情報が第三者へ流出した可能性は低いとしており、不正利用なども確認されていないとしている。

同金庫では、持ち帰りが発生した原因について、コンプライアンス教育が徹底されておらず、管理監督が不十分だったと説明。今回の問題を受けて内部管理体制の強化をはかるほか、役職員におけるコンプライアンス意識の向上を図るとしている。

(Security NEXT - 2024/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社