Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高で卒業生約1万人分の指導要録が所在不明 - 広島県

広島県教育委員会は、県立高校において卒業生の指導要録が所在不明となっていることを明らかにした。

同県教委によれば、県立高校において1984年度から2011年度までに卒業した全日制普通科9049人と家政科835人、1989年度から2002年度に卒業した定時制普通科130人に関する指導要録の所在がわからなくなっているもの。

指導要録には、生徒の氏名、住所、性別、生年月日、保護者の氏名のほか、入学前の経歴、進学先、修得単位数、学習の記録、出欠の記録などが記録されている。

9月28日に卒業生から単位修得証明書の交付依頼があったため、職員が指導要録を保管している金庫を開けたところ、2011年度以前の指導要録がないことが判明した。

校長は教職員に聞き取りを行い校内の捜索を行ったが見つからず、同県教委に報告。今後、各種証明書の発行依頼があった場合には、現存する資料をもとに作成、発行することで影響が生じないよう対応するとしている。

(Security NEXT - 2023/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性