Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【マルウェア】地方銀12行やクレカ20サイトから情報盗むトロイの木馬に注意

これまでメガバンクのオンラインバンキング利用者を中心に攻撃を展開してきたマルウェアが、ターゲットを地方金融機関の利用者に拡大していることがわかった。

シマンテックによれば、あらたに見つかったトロイの木馬「Snifula」の亜種が、地方銀行などを攻撃対象としていることが判明した。マルウェアへ感染した状態でオンラインバンキングへアクセスすると、マンインザブラウザ(MITB)攻撃により情報を盗み出されるおそれがある。

「Snifula」自体は、2006年に登場した比較的古いマルウェアだが、同社が検知したあらたに登場した亜種を解析したところ、設定ファイルの内容から、30以上の金融機関を対象にしていることを突き止めたという。そのなかには、12の地方銀行が含まれ、クレジットカード会社が提供する20のウェブサイトも標的としていた。

あらたな攻撃対象としてくわわった地方銀行も、そのほとんどが中規模以下であり、従来のメガバンクを狙った攻撃と異なる。シマンテックは、金融機関の規模に関係なく攻撃対象が選ばれていると指摘。オンラインバンキング利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減