Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報が保存されたPCが盗難被害 - 昭和大学病院

昭和大学病院は、患者21人の情報が保存されたパソコンが盗難に遭ったことを明らかにした。

同院によれば、7月15日夜から16日朝にかけて、同院の医局と研究室において、デスクトップパソコンが何者かによって持ち去られたという。

盗まれたパソコンには、患者21人の個人情報が保存されていた。そのうち18人については、氏名、診察券番号、性別、年齢のほか、手術日や手術部位、手術検査結果などが含まれる。残り3人は氏名と診察券番号などが保存されていた。

今回の盗難事件の発生を受けて、同院では警察に被害を届けた。また対象となる患者には、説明と謝罪の文書を送付している。

(Security NEXT - 2014/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療連携ネットワークで設定ミス、一部で同意なく閲覧可能に - 香川県
園児の個人情報含む災害時用衣服を紛失 - 港区
患者情報含む書類を帰宅途中に紛失 - 名古屋大病院
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 東北大病院
手術患者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 青梅市立総合病院
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院