Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本国内のオープンリゾルバを悪用するDDoS攻撃が発生 - DNSリフレクター攻撃とは異なる手法

警察庁は、国内のオープンリゾルバを踏み台に利用したDDoS攻撃と見られるパケットが増加しているとして注意を呼びかけている。DNSリフレクター攻撃とも異なる手法だという。

アクセス制限がなく、不特定多数からの再帰的なDNSの問い合わせに対して応答する「オープンリゾルバ」を利用した攻撃パケットの増加を検知したとして注意を呼びかけたもの。

「オープンリゾルバ」は、これまでも「DNSリフレクション攻撃(DNSアンプ攻撃)」に悪用されるおそれがある。ホスティングサービスのサーバやブロードバンドルータなどが意図せずオープンリゾルバとして機能していることもあり、セキュリティ機関などが繰り返し注意を呼びかけている。

同庁によれば、これまでも発信元を偽装してオープンリゾルバを探索するパケットを2月より確認していたが、6月ごろよりパケットの内容に変化を見られ、DNSリフレクター攻撃とも異なる攻撃が行われている可能性があるという。

具体的には、踏み台となるオープンリゾルバから大量のDNSの問い合わせを行い、攻撃対象となるDNSサーバの運用を妨害するDDoS攻撃。「DNSリフレクション攻撃」のようなパケットの増幅はないものの、ISPの正規のキャッシュDNSなどが踏み台に利用されると、IPアドレスによるアクセス拒否ができないといった特徴がある。

20140724_np_001.jpg
想定される攻撃手法(図:警察庁)

(Security NEXT - 2014/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
米政府、連邦機関に「Windows Server」脆弱性対策を緊急指令
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
IoT機器で広く採用されている「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
4月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に