Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、不正送金マルウェア感染者へISP経由で注意喚起 - 掃討作戦で得られた感染者情報を活用

総務省は、インターネットバンキングにおける不正送金を引き起こすマルウェア「Game Over Zeus」への対策として、ISPを通じた感染者への注意喚起を実施する。

全世界的に拡大するオンラインバンキングの不正送金マルウェア「Game Over Zeus」に対し、米国連邦捜査局(FBI)や欧州刑事警察機構(ユーロポール)のほか、警察庁など各国の法執行機関による掃討作戦を展開しており、その作戦を通じて感染端末が特定されることから、それら情報を元に感染対象者に対して注意喚起を行うもの。

具体的には、同省が主導する「官民連携による国民のマルウェア対策支援プロジェクト(ACTIVE)」を通じて展開。日本データ通信協会テレコム・アイザック推進会議から国内ISP事業者に対して感染者に関する情報を提供し、会員のISP事業者が利用者に対する注意喚起を推進していく。

(Security NEXT - 2014/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減